素材のこだわり

ホーム > 無添加住宅とは > 素材のこだわり

身体によくない化学物質を使わずに、自然で健康な家づくりを進める「無添加住宅」…
私たちの「無添加の家」は、極限まで自然素材にこだわっています。

しっくい

外壁、内壁、天井に呼吸する壁

古くから城郭や土蔵の壁にはしっくいが用いられています。
吸湿・放湿性に優れた特性で、空気を浄化してくれます。
オリジナルしっくいなら様々なデザインに対応することができ、クロス等では表現できない風合いと
健康的な空間を作り出します。新築だけでなくリフォームにも最適です。

無垢材

無垢材は生きています

無添加住宅では薬剤による処理をしている木材や合板は一切使っていません。安心・安全な無添加の無垢材を使っています。
無垢材の床は年間を通して一定の温度・湿度を保つため、素足で歩くと心地良いです。天然材だからこそ、ぬくもりと安らぎを
人に与えることができるのです。

天然石

何億年もの時を経て形成された素材

無添加住宅の天然スレートは何億年もかけて形成された素材です。天然石だからこそ一切メンテナンスが不要です。
時を経て、石独自の風合いが出てより美しくなります。
生産するのに二酸化炭素を排出せず再利用ができ、残材は土の中へ戻せる。
こんなエコロジーな材料を使って、親子代々にわたり再利用していけば、使い捨て日本を変えていけるかもしれません。

柿渋

自然界のパワーを活かして

昔から、鳥居の防腐や投網の防腐など広く利用されてきました。
時を経て、石独自の風合いが出てより美しくなります。
無添加住宅では、柿渋を防腐防カビとして独特な光沢を出す塗料として使用します。
防水性を高める際、ベンガラをまぜます。自然素材の抗菌効果を持っているのが柿渋なのです。

炭化コルク

ポルトガル生まれの断熱材

炭化コルクはコルク樫の表皮からできています。
蒸し焼きにし、圧力をかけると自らの樹脂で固まります。炭化コルクは多くの気泡を持つため軽量で、
断熱性、調湿性、遮音性、防火性に優れています。
家全体を包み込み、炭の家となります。

米のり

天然の接着剤

無添加住宅では、木材の貼り合わせなどに使うのり(糊)すべてを、手作りの米のりを使用しています。
昔の大工さんは、朝一番、飯を木板の上で竹べらでこねるのが仕事だったそうです。実際に米のりの粘着力は強力で、熱により耐久性もあがります。

健康にいい天然の素材は美しく経年変化します。

※画像をクリックすると拡大します

sozai-img-sample01

外壁いっぱいの炭化コルク

sozai-img-sample02

漆喰と無垢フローリング

sozai-img-sample03

オリジナルデザインの壁

漆喰と無垢材の階段

天然石の屋根