世田谷区現場より(外壁炭化コルク貼り~内部付加断熱)

おはようございます!! 吉田です。

やっとパソコンでブログができるようになって、慣れてきたので本業のブログも書いておきます。

世田谷区の現場、外部の炭化コルク貼りがほぼ完了しました。建物の外部にスペースがあまりとれていないので大工さん工事大変かと思いましたが、百戦錬磨なのと面積がそこまで大きくなかったので順調に工事が進みました。

↓炭化コルクです。サッシ廻りと換気口廻りもきっちりと施工されているのを確認しました。

あと、こちらのお宅では外壁の壁内に付加断熱が入ります。無添加住宅推奨の「ウッドファイバー」という木の繊維の断熱材です。この断熱材を入れることで、断熱性能が大幅にあがり防音の効果も期待できます。木の繊維が原材料なので、無添加素材です。

こちらは工作室グリーンでは初めての施工なので、無添加住宅本部に施工を円滑に進めるためのやり方などを聞いて進めています。思ったより施工も難しくなかったのですが、現場で作業するときには少し木の粉が舞うのでたまにむせるのが欠点といえば欠点です。

↓これがウッドファイバー。柱と筋交いのところをきれいに欠いて施工されています。外部の炭化コルクよりは施工に時間がかかりそうな感じです。

来週にはいよいよ石屋根「クールーフ」が搬入です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です